検索
  • kazuki012758

沖縄県のそろばん大会へ参加しよう♪


沖縄県の大会へ参加しよう♪そして全国大会へ!!

前回のブログで、そろばんの全国大会も各団体が相次いで中止を発表したことを挙げました。そして沖縄県の競技大会も開催を検討中。

そんな中『そろばんオンライン全国大会』が6月21日(日)に第1回目がスタートし、3ヶ月連続で開催されました。なんとかベスト100位に入賞できました(;^_^Aこの詳細は後程ブログで書きます。

https://www.soroban-online.com/

沖縄県でも、私が所属する全国珠算教育連盟沖縄県支部の競技部が全沖縄珠算選手権通信プレ大会という各教室で開催できる大会を試みます。がじゅまるそろばん塾も参戦します!!

今回、がじゅまるそろばん塾が参加している大会を、紹介したいと思います。沖縄県の大会は全部参加しています。そして連盟の九州大会、全国大会などなど・・・

こういう大会があるのだなと知っていただければ幸いです。

『全日本珠算選手権大会 沖縄県予選』4月

8月にある全国大会、全日本珠算選手権大会へ参加する沖縄県代表選手を決める大会です。沖縄県の強者が集結し、代表枠を奪取すべく頑張ります。

『全沖縄珠算選手権大会』7月(今年は8月に開催できるか検討中)

沖縄県一を決める大会で2年生以下から高校生・一般と5部門に分かれています。問題程度は次の通り

2年生以下→珠算4級 3・4年生→珠算3級

5・6年生→珠算2級 中学生→珠算1級 高校生・一般→珠算段位

かけざん・わりざん・見取り算(たしひき)・暗算の4種目を2倍にした問題を制限時間は珠算種目・試験7分の半分3分30秒、暗算種目は3分の半分(1分30秒)で行います。高校・一般の問題はそのまま段位珠算の問題です。

この大会は唯一、沖縄県内の教場別の団体の順位が出ますので、すごく盛り上がる大会です。ちなみに昨年、種目別競技の読上算の読み手をしました。音声のみですが、私の声はどれでしょうか、当ててみて下さい。笑

https://www.youtube.com/watch?v=UVTCQnZDlKM

『全日本珠算選手権大会』8月8日(そろばんの日)

全国珠算教育連盟主催、京都で開催される珠算日本一を決める大会です。全国ベスト100位や小学生優秀選手(10位)、種目別の日本一など珠算界最高峰の大会です。

https://www.soroban.or.jp/activity/kyogi/r01/

私はこの大会に魅了されていて、毎年ベスト100位、小学生優秀選手10位内を目指していますが、まだ1度も入賞することができていません。珠算十段・暗算十段取得者でも入賞できないほどのレベルです。

『全九州珠算選手権大会 沖縄県予選』9月

11月に九州で開催される(開催地は持ち回り)大会の沖縄県代表を決める大会です。小学校3校、中学校2校、高校・一般1校、プラスに各部門数名の沖縄県代表枠を目指し競技します。

何気に本選より、この予選を突破することが難しい年もあります・・・沖縄県強豪多し。

『全日本通信珠算競技大会 沖縄県大会』10月

全国で一斉に開催される通信制の大会で、各地で開催された結果を集計して、各部門、個人、団体と日本一を決めます。この大会の、団体戦は学校対抗戦で小学校から大学まで各部門で日本一を目指します。

以前、私の教え子が、他の教場の生徒2名と混成チームで小学校団体日本一を取得したことがあります。青森県の尊敬する先輩が率いる三沢珠算塾に2年間負け続け、6年生最後の年に念願の日本一を取得できましたヾ(*´∀`*)ノ

『全九州珠算選手権大会』11月(今年は熊本県で開催予定)

九州各県から代表が集い競技します。実は沖縄県は九州でも強豪でして、17部門完全制覇を目指しています。近年、各県のレベルも上がり、完全制覇できずにいます。

問題程度は小学生が珠算1級の問題を2倍し時間は半分。中学生以上は珠算段位の問題です。

去年、宮崎県で開催された本選で、私の生徒が小学生の読上算で優勝!!

初めての九州一を獲得しました\(^○^)/ \(^○^)/ \(^○^)/

そして、今年開催予定の熊本県は、私が参加できなかった九州大会の唯一の開催地。ぜひ開催できることを期待しつつ、選手を鍛えたいです。

『中部地区小中学生珠算競技大会』12月前半

沖縄県の中部地区主催の大会で、小学生各学年3名ずつ出場できる大会です。自称『全国で一番の激戦区の地区大会』と呼んでいます。日本一を取ったことがある教室が3教場参加しています。私たちの教室が、この大会で強豪校を1部門でも撃破することを目標にしています。

『そろばん全国大会クリスマスカップ』12月末

埼玉県で開催されます。参加資格そろばんをこよなく愛するものというように、全国各地、団体を問わずに参戦します。英語読上算もあり、普段練習しないのですが、この大会を目指し練習しています。私はこの大会を1年の総決算のように位置付けています。

英語読上算は下記参照

https://www.youtube.com/watch?v=f1eopnTWdSo

初めて参加した年、沖縄県の先輩方が3部門で団体日本一を獲得したのを見て、沖縄県が全国でもトップクラスなのを知り、若手の私も頑張らなきゃいけないなと、すごくモチベーションを上げていただけたのを覚えています。

ちなみにこの大会のフラッシュ暗算で当教室の選手がフラッシュ暗算2連覇で部門日本一を獲得しています(^○^)

『ちびっこそろばん大会』1月

幼稚園生以下が参加できる大会です。沖縄県の珠算界の登竜門のように位置づけされている大会で、参加者全員に特大の金メダルとたくさんのお菓子の参加賞がいただけます。新1年生になる前にモチベーションを高めることができます。

『全沖縄暗算競技大会』2月

2年生以下の部と3・4年生は暗算3級、5・6年生は暗算2級、中学生は暗算1級の問題を2倍にし、時間は3分で行います。高校・一般の部は段位暗算の問題です。この大会は満点賞を目指す大会で、比較的、県大会へ初めて出る選手向けの大会でもあります。種目別競技はフラッシュ暗算と読上暗算があり各部門沖縄一を目指します。参加者全員に、金メダルや盾、トロフィーが受賞されます。

『アメリカンそろばんコンテスト』3月

基地の中にある小学校に通う生徒が参加できる大会で、基地の中で開催されます。普段の大会と違いすべて英語での進行です。通常の大会と違い、アメリカの文化も競技進行の中で見ることができますが、基本的に一般の方は米軍基地の中に入れませんので見ることができません。

以上ががじゅまるそろばん塾が参加している大会です。まだまだ全国にはたくさんの大会があり、参加したい大会も多くあるのですが、沖縄県は島国ですので遠征費が高くつきます。九州大会、全日本、クリスマスカップと3つ参加するだけでも、保護者に大きく負担をかけていますので、さらに他の大会へ誘いにくいところがあります。

『大会は最高の教材』です!!

沖縄県内だけでも多くの大会があります。現在、そろばんを通っている子供たちで大会へ参加していない教場も多々あります。上記を参考に、通っている先生に大会へ参加したいと掛け合うことも良いことだと思います。

沖縄県にはたくさんの良いそろばん教室があります。ぜひ、そろばんの世界へ挑戦させてはいかがでしょうか。

https://88okinawa.jp/

85回の閲覧

© 2020 がじゅまるそろばん塾